コラム

初めてマツエクのモデルを経験した時の体験談

更新日:

私はここ3年間、2か月に一回のペースでマツエクを付けています。リペアのみのこともあれば、付けたしだけ、オフをしてすべてのエクを新しくしたりなど、もちろんまつ毛美容液も塗りつつ、マツエクを付けかけているのですが、先日初めてモデルの依頼を受けたのです。受けたというより、友人の友人が新しくマツエクサロンをオープンさせることになり、そこの広告やネット媒体に載せる施術前、施術後の写真を撮らせてくれる人を探していたところに、友人が私を紹介したという感じでした。まだ開店していないサロンに入り、通常のマツエクサロン同様のカウンセリングと同意書へのサインをして、すぐに施術は始まりました。私はもともとまつ毛の本数が多く、長さもある方でしたので、本数はいつも両目で100本行かない程度でつけていました。しかしその日は何本つけても無料で(店長とは別の人)やってくれるとのことでしたので、施術をしてくれるお姉さんにお任せをして、真ん中長めのナチュラルに仕上がるように、とだけお伝えをして施術をしてもらいました。店内に流れるボサノバの音楽と、トロピカルなアロマの香りによって、私はすぐに眠ってしまいました。しばらくすると、店長さんおぼしきお姉さんの上司に当たる方が部屋に入ってきてチェックをしていることに気が付きました。ヒソヒソと話し声が聞こえてきたのですが、「華やかすぎるな~」「ちょっと目が大きすぎるかも」と言って、私の目の大きさを測るかのように指を当てたのです。私がぐっすり寝ていると思ったのでしょう。結局写真は2枚くらい簡単に撮ってもらいましたが、私のお目めが媒体に使われることはありませんでした。私はハーフに間違えられるくらい顔立ちがはっきりしている方でしたので、それではマツエクが映えないと判断をしたのかもしれません。嬉しいような悲しいような…媒体に使われている人の目は一般的より少し小ぶりな可愛らしいお目めでした。

-コラム

Copyright© マツエクOKの人気クレンジングランキング!長持ちさせるならこれ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.