コラム

花粉症の人がマツエクをつけると危険?

更新日:

花粉症になりやすい人が花粉の多い季節にマツエクを付け続けると、エクステが早い段階で抜けてしまったり、目元を擦ることによってより花粉症を悪化させてしまうという事態になりかねません。マツエクは、自分のまつげにエクステをつけることによって目をぱっちりと見せてくれる効果がありますが、エクステに花粉がついてしまうと痒さにあまりつい目を擦ってしまいがち。マツエクを装着している状態で目元を擦ると、どんなに強力な接着剤を使ったとしても、エクステが大量に抜けてしまう可能性があるのです。マツエクをしているときに、「擦る」という行為は一番してはいけないこと。その理由は、強い力で擦る度に、エクステをつけている接着剤が剥がれてエクステが目元から浮き上がってしまい、ボロボロと抜けてしまうのはもちろん、擦りすぎると自分のまつ毛にまでダメージを与えてしまうほか、目元のシミやシワ、肌の痒みなどの肌トラブルをも引き起こしてしまうからです。花粉症の人は、花粉が多くなる時期はデメリットしかないため、マツエクを控えてあげると良いでしょう。もしどうしてもエクステをつけたいという場合には、エクステの長さを花粉がつきにくい短めのものに変更して、カールも控えめのデザインにするとか、外出先から帰ったら毎回ドライヤーの風をエクステに当ててあげ、エクステに付着した花粉を軽く吹き飛ばしてあげるなどの対処をするようにしましょう。花粉症の人にとって、花粉が多くなる季節ほどマツエクへのケアが必要になります。

-コラム

Copyright© マツエクOKの人気クレンジングランキング!長持ちさせるならこれ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.